楽天VTIを推す、『(厚切り)ジェイソン流お金の増やし方』読んでみた

【スポンサーリンク】

この記事にたどりつかれたあなたは
米国のインデックスファンド
投資することを検討しているでしょう。

そして、米国株なら
S&P500か楽天VTIの
どちらにしようか迷っている

思われます。

分かります、
私もS&P500か楽天VTIの
どちらにしようか迷っていました。

今でもたまに迷うくらいです笑

そこで、
米国株のS&P500か楽天VTIで
迷ってらっしゃるあなたに、
厚切りジェイソンさんの
『ジェイソン流お金の増やし方』の内容をかいつまみ
楽天VTIを推す理由をご案内したいと
思います。

【スポンサーリンク】
目次

理由①:投資方法は長期・分散・積立がよい

この記事をお読みのあなたは、
ご自身の投資方法を作られていますか?

投資一本でお金を稼ごうとするかたもいれば、
仕事のかたわらに投資でお金を稼ごうとするかたも
いると思います。

あたなの投資方法は?

楽天VTIなどのインデックス投資は

複利計算のチカラを使って長期的に
資産を増やしやすい銘柄と言えます。

また、個別銘柄とちがって
複数のすばらしい企業の株を
ミックスしているため、

インデックス投資は非常に
分散がきいた投資方法といえます。

そして、インデックス投資は

金額指定で銘柄を購入できるので
積み立てやすい投資方法です。

たとえば、アップルの銘柄だと
1株単位で購入しないといけません。
(1株177ドルとか)

ですが、インデックス投資なら
1万円分だけ楽天VTIの銘柄を
購入したいですというような
懐事情を考えた投資方法が
出来ます。

なので、楽天VTIは長期に分散して、
こつこつと積み立てることが
できる銘柄なのです。

理由②:複利計算は最強だから長期運用に最適

楽天VTIのようなインデックス投資は、
配当金を再投資することが簡単にできます。

配当金を再投資にまわすことで
もっとも期待できる効果が、
複利計算です。

複利ってこんな感じです(イメージ図)

複利計算は、

100万円の元手に年利7%の利益があるとして
20年間運用すると合計でいくらになる?

という問題があった場合、
1年目は 100万円 × 1.07 = 107万円
2年目は 107万円 × 1.07 = 114万円
      ・
      ・
      ・
19年目は 337万円 × 1.07 = 361万円
20年目は 361万円 × 1.07 = 386万円

となり、答えが386万円となります。

20年で元手が3倍以上になります。

すごいことですよね、これ。

寝かしているだけで3倍です。

ちなみに、積立NISAで毎年20年間
利回り7%で運用した場合の20年後の
資産はいくらでしょうか?

答えは、約1740万円になっています。

理由③:楽天VTIはリスクの分散ができている

楽天VTIはリスクの分散ができています。

なぜなら、楽天VTIはアメリカの
中小企業3800社以上を銘柄に
組みいれています。

企業の分散がきいている分だけ
リスクの分散もできていると
考えられます。

分散も大事!

ところでわたしは、
このリスクヘッジの部分で
S&P500から楽天VTIに変更しました。

確かにS&P500と楽天VTIを比べると
S&P500のほうが手数料などは低いです。

ですが、
リスクを少しでも減らしたいという
気持ちが私の投資スタイルにあっていました。

その結果、リスクを分散したいので
楽天VTIに変更しました。

まとめ:楽天VTIは長期・分散・積立にベストマッチする

まとめになりますが、
楽天VTIは投資方法を長期・分散・積立に
することができる銘柄です。

投資スタイルを
長期・分散・積立にしたいのならば、
楽天VTIを選ぶことになります。

わたし自身は厚切りジェイソンさんの
書籍を読む前から楽天VTIに切り替えていました。

ですが、楽天VTIの良さを書いてある
今回の『ジェイソン流お金の増やし方』については
知識をアップデートできて良かったです。

今回冒頭で紹介しました
厚切りジェイソンさんの
『 ジェイソン流お金の増やし方』の書籍には、
もう少し詳しく米国株が良い理由を
書いてあります。

別の機会でその記事も紹介することが
あるかもしれませんが、

興味のあるかたは厚切りジェイソンさんの
『 ジェイソン流お金の増やし方』の書籍を手に取って
読んでみることをおススメします。

さいごに
投資は自己責任です。

わたしもまだまだ勉強中で
失敗もしながら投資を続けてます。

これをお読みのあなたと
一緒にすばらしい投資ライフを
過ごせたら幸いです。

それでは、また!

【楽天VTIとS&P500を比較した記事はこちら!】

あわせて読みたい
積立NISAでS&P500と楽天VTIはどっちがおススメ?楽天証券 わたし自身、 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) と楽天・バンガード・ファンド(全米株式)(楽天VTI) の 両方を持っています。 ですが、ぶっちゃけ両方を持つ必要は...
【スポンサーリンク】
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

親ばかフリーランスのユイトのブログです。家族4人。二世帯住宅を建ててから、お金について勉強していく必要があると気が付いて投資やブログを始めました。主に、資産運用で気が付いたことや、親ばかな育児、本業での体験などを書いています。

【スポンサーリンク】
目次
閉じる