2022年6月時点の積立NISAの運用結果は??口座は楽天証券

【スポンサーリンク】

久しぶりの投稿になりましたが、積立NISAの運用、報告記事です。

記事は休んでいましたが、積立NISAはコツコツと続けていました。

ところで、この記事をお読みのあなたは積立NISAは始めてますか?

アメリカ株も下落局面もありましたので、買い渋りしているかもしれません。

そこで、私の資産運用の実情を公開し、積立NISAに興味があるアナタの背中を押したいと思います!

【スポンサーリンク】
目次

わたしが購入している積立NISAの銘柄は?

わたしが持っているのは次の3銘柄です。

① eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  ⇒ +33.7%の評価損益
    +26,000円

② eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  ⇒ +34.8%の評価損益
    +37,000 円

 ③ 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)
  ⇒ +4%の評価損益
    +22,000 円

今は、楽天VTIだけ購入しています。

今のところ、S&P500などの方が評価損益が高いです。

楽天VTIが7月に決算日をむかえます。

このあと、評価損益がどれだけ上がるでしょうか。楽しみです。

Steve BuissinneによるPixabayからの画像

積立NISAの相場の感想、2022年6月時点

この記事は2022年6月7日に書いています。

この数カ月は、株価の下落が続きました。

評価損益に関しても、楽天VTIに関してはマイナスになることがありました。

最近、やっとプラスに転じてきたなぁというところ。

正直にいって、今後もアメリカ株は下落する可能性はあります。

年内に株価が安定してくれればいいかなぁって思っています。

まとめ:積立NISAをはじめるべきです

投資額を減らした2022年5月

まとめますと、今のような景気局面であっても積立NISAを始めることをおススメします。

ぶっちゃけですが、先月、積立NISAの積立額を減らしました。

理由は、iDeCoも利用しているので全体の投資金額を減らそうと考えたからです。

それだけではなくて、投資にお金を回しすぎかなぁって思ったのもあったからです。

ほら、投資をしている方のブログやSNSを見ていると、毎月〇〇万円投資しましたーっていう記事をよく見かけますよね。

それを見習って投資を頑張ってしまうところもあったからです。

投資額を減らして後悔した2022年6月

投資額を減らしたんですが、やっぱり後悔しました。

積立NISAは非課税運用ですし、いつでも解約できるので銀行に近いと思っています。

なので、銀行に預けているよりも利回りが良いし、運用で多少でもお金を増やした方がお得なんです。

そういう意味でも、積立NISAは日本人が好きな貯金と変わらないなあって思いました。

積立NISAをはじめるなら、次の銘柄がおススメ

おススメは、全世界株株式か、私が行っているような全米株式です。

全世界株式は、オールカントリー株式としても有名です。

eMAXIS Slimさんや、楽天さんで扱っている全世界株が基本的にはおススメです。

全米株式なら、S&P500か、楽天VTIというところです。

全世界株も全米株式もどちらも負けにくいという性質があります。

負けにくい投資信託をして、あなたの資産を増やしていくことがとても大切です。

以上を踏まえたうえで、全世界株式とアメリカ株を比べてどちらの投資信託が良いかは、あたな次第です。

まずは少額から投資を始めてみてください。

アナタが少額で投資を始め、少しずつ積立NISAの良さを実感してくださったら幸いです。

Nattanan KanchanapratによるPixabayからの画像

米国株式の中でどれが良いか迷ったなら、下の記事が参考になりますので、ぜひご覧ください!

【わたしが利用している楽天証券の口座開設ははこちらから】

【S&P500と楽天VTIのどっちがおススメ?】

あわせて読みたい
積立NISAでS&P500と楽天VTIはどっちがおススメ?楽天証券 わたし自身、 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) と楽天・バンガード・ファンド(全米株式)(楽天VTI) の 両方を持っています。 ですが、ぶっちゃけ両方を持つ必要は...

【楽天VTIについて勧めている記事はこちら!】

あわせて読みたい
楽天VTIを推す、『(厚切り)ジェイソン流お金の増やし方』読んでみた この記事にたどりつかれたあなたは米国のインデックスファンドに投資することを検討しているでしょう。 そして、米国株ならS&P500か楽天VTIのどちらにしようか迷っ...

【前回の積立NISA報告の記事はこちら!】

あわせて読みたい
2022年1月時点の積立NISAの運用結果は??口座は楽天証券 久しぶりの投稿になりましたが、積立NISAの運用、報告記事です。 ところで積立NISAの口座数は2021年9月時点で305万口座らしいです。 2020年末は172万口座らしいので、13...
【スポンサーリンク】
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

親ばかフリーランスのユイトのブログです。二世帯住宅を建ててから、お金について勉強していく必要があると気がつきました。主に、お金のことで学んだことや実践したこと、投資や資産運用で気が付いたことなどを書いています。

【スポンサーリンク】
目次